• 【2020年版】無料で掲載~採用までできる求人サービス(求人サイト・求人検索エンジン・採用支援ツール)
公開:2020/02/10  更新:2020/02/21

【2020年版】無料で掲載~採用までできる求人サービス(求人サイト・求人検索エンジン・採用支援ツール)

採用担当者必見!?アルバイトや正社員を無料で採用できる求人サービスをまとめました。採用コストを少しでも削減するために利用を検討してみてはいかがでしょうか?求人サイト・求人検索エンジン・採用支援ツールの3つに絞ってご紹介します。
無料の求人サービス

求人広告を掲載するときは有料の求人媒体を利用されることが多いと思いますが、無料の求人サービスも多く存在します。
ここでは無料で掲載から採用までできる求人サービスの特徴について解説します。
※掲載は無料でも採用費が別途かかるもの、一定期間だけ無料のもの、運営元がはっきりしていない求人サービスは除外しています。

無料の求人サービスを使うメリット・デメリット

【メリット】
・広告費が無料
・応募が発生しなかった場合のリスクがない
【デメリット】
・有料サービスと比較して、応募が少ない
・求人広告を自社で作成するサービスが殆どなので時間コストが掛かる

無料の求人サービスを効果的に使う方法

メリットとデメリットを踏まえた上で、以下のようなケースでご利用することをお勧めします。
①掲載する求人が急募案件でない場合
②自社で求人データを所持している場合

①は有料サービスと比べ広告の露出が低いことが理由です。
慢性的に人手が足りていない、急募である必要性がない場合は無料の求人サービスは絶対に利用したほうがいいでしょう。
②は求人広告を最初から最後まで作成し、かつ魅力的な求人広告に仕上げることが難しいからです。
自社ホームページ上に採用ページがある、以前掲載したときの広告データが残っている場合※は簡単に作成することが可能です。
※求人媒体側で作成した求人広告は自社の内容であっても著作権は媒体側にあるため、完全にコピーするのはNGです。

無料の求人サービスの種類

求人検索エンジン

求人検索エンジンとは求人専門のGoogle検索のようなサービスです。
Googleで検索した際に起こる広告や関連性の低いページを表示させずに求人情報だけを閲覧することが可能です。
インターネット上にある求人情報を自動で収集しているため、非常に多くの求人情報が掲載されています。

求人サイト

求人サイトは掲載費や採用費が発生するサイトが殆どですが、無料のサイトも存在します。
職種やエリアだけでなく、複数の条件から絞り込みが行えるため希望の求人を検索しやすいのが特徴です。

採用支援ツール

インターネット上に自社の採用ページを作成し、複数の求人検索エンジンに掲載させることを目的としたサービスです。
「自社ホームページがない」「自社ホームページはあるけど採用ページがない」といった問題を解決することができます。
基本的に求人検索エンジン経由での応募がメインとなりますが、通常のインターネット検索でも表示されるので+αの露出効果があります。

無料の求人サービス一覧

Indeed(インディード)

Indeed Japan株式会社が運営する国内最大の求人検索エンジンです。
利用者は年々増え続けており、2019年は月間利用者が2500万人を突破しています。
無料の求人掲載をお考えでしたら、まずはIndeedへの掲載をおススメします。

求人ボックス

株式会社カカクコムが運営する求人検索エンジンです。
インディードに次いで利用者が多い求人検索エンジンで、デザインが見やすく求人サイトのような絞込検索ができるのが特徴です。
こちらも無料で掲載する場合は外せないサービスです。

スタンバイ

株式会社スタンバイが運営している求人検索エンジンです。
掲載数は国内最大の求人検索エンジンです。
スタンバイに掲載した求人は「YAHOO!しごと検索」にも掲載されるのが特徴です。
インディードや求人ボックスに比べると、応募率は下がると思いますが十分優秀なサービスなので登録しない手はありません。

■スタンバイ
https://jp.stanby.com/

げんきワーク

有限会社じゅんが運営する求人検索エンジンです。
これまで紹介した求人検索エンジンと異なり有料枠を設けておらず、サイト訪問者の広告閲覧により運営を行っています。

■げんきワーク
https://genkiwork.com/jobs/

■げんきワーク サービス概要
https://genkiwork.com/jobs/recruiter/

engage(エンゲージ)

エン・ジャパン株式会社が運営する採用支援ツールです。
採用ページを作成し、作成した採用ページをIndeedなどの複数の求人検索エンジンに掲載させることが可能です。
採用支援ツールは多く存在しますが、エンゲージはLINEキャリアへの掲載にも対応しているのが最大の特徴です。

ジョブオプLite(ジョブオプライト)

株式会社リクルートが運営する採用支援ツールです。
採用ページを作成し、Indeedに掲載させることが可能です。
リクルートといえばタウンワークですが、企業ホームページからの求人応募も増えつつあるので、求人メディアと採用ページを掛け合わせることで集客力を最大化することができると謳っています。

■ジョブオプLite
https://ats.joboplite.jp/

Jobギア採促(ジョブギア採促)

株式会社アイデムが運営する採用支援ツールです。
採用ページを作成し、Indeedなどの複数の求人検索エンジンに掲載させることが可能です。
クイックプランというプランが無料で使えるようになっており、求人を10件まで掲載できます。
ただしクイックプランでは作成できるコンテンツが少なく、求職者が欲しい情報を届けにくいというデメリットもあります。

ドットジョブ

キャリアネクスト株式会社が運営する2019年にサービスを開始した求人サイトです。
有料プランとフリープランが存在しており、フリープランであれば掲載から採用まで無料で利用できます。
またフリープランであっても、インディード・スタンバイ・キャリアジェット・YAHOOしごと検索・求人ボックス(対応予定)などの主要な求人検索エンジンに掲載されるのが特徴です。
中でもキャリアジェットは、もともと有料掲載しか出来ないのでドットジョブのフリープランは無料を超えたサービスとなっています。

■ドットジョブ
https://dotjob.jp

■ドットジョブ サービス概要
https://dotjob.jp/employer

グラフィカルジョブ

グラフィカルジョブ株式会社が運営するクリエイティブな業種に特化した求人サイトです。
有料プランと無料プランがあり、無料プランであれば掲載から採用まで無料です。
無料プランは作成できる求人広告が1求人のみですが、インディード・YAHOOしごと検索・求人ボックスにも掲載されるのが特徴です。

■グラフィカルジョブ
https://www.d3d.jp/

■グラフィカルジョブ サービス概要
https://www.d3d.jp/com_service_guide.php

求人Free

株式会社ワンコインが運営している求人サイトです。
「Googleアドセンスのクリック広告収入、少人数でのサイト運営、募集ページはすべてユーザー様につくってもらうことで無料提供を可能にしています」ということです。
2020年1月時点で登録企業数は5000を超えています。

無料求人COM

株式会社ドリームファーストが運営する求人サイトです。
「広告収入と有料プランの収入にて成り立っておりますので、通常の求人広告につきましては完全無料でのご掲載が可能となっております。」とサイトに記載してあります。

■無料求人COM
https://freejob00.com/

■無料求人COM サービス概要
https://freejob00.com/advertisingpublishing/index.htm

おススメの無料求人サービスは?

・求人検索エンジン
・engage
・ドットジョブ
・グラフィカルジョブ(募集職種がマッチする場合)
が特におススメです。
求人検索エンジンはどのサービスも利用者が多いですし、engageやドットジョブは求人広告を作成した際の露出が非常に高いです。

アカウントを所有しすぎると求人管理が大変になってしまうので、engageやドットジョブのように1アカウントで求人広告を効率よく展開できるサービスだけを使うのもおすすめです。

カテゴリ
新着
同じカテゴリの記事